前へ
次へ

派手ではない大人盛りがキーワード

盛りメイクが復活していますが、でも決して派手ではない「大人盛り」がキーワードです。
もっときちんとメイクしたい声は、社会人1年目の女子から聞かれることが多いようです。
もっと落ち着いた大人盛り、このキーワードがトレンドから主流になりつつあります。
メイクも進化するのなら、化粧品も進化して当然、テクニックまでが洗練されると、たとえ盛っても重さや派手さがなくなります。
例えば、艶っぽいだけでも、それが大人盛りです。
社会人としてちゃんとした大人と、まだまだギャル感が抜けないガールの顔を併せ持つからなのか、難しいのはセクシーに魅せる表現でしょう。
リップラインをとる、などのとってつけたセクシーさとは違います。
子供っぽいグロスの艶とも違い、グロッシーな艶めきがある盛りがポイントです。
リキッドならではのグロウな艶であったり、みずみずしく軽いのび、広がりでボテッと感がなく、ムラなく仕上がる、濡れたような艶と立体発色がリップメイクを彩ります。

Page Top